ノーラちゃん。

みなさんが一番ご存知のノーラちゃん。
今日は書くことないかも?!(-.-;)

ノーラちゃんは、いつも弱った野良猫を連れて来院されるOさんが連れて来られました。
ノーラちゃんは神社にいる猫だったそうです。
前足裏に酷い怪我と、疥癬で顔まわりと背中ほとんど毛がありませんでした。
それと酷い鼻風邪。
両目とも膿でいっぱいで、体重も今の半分以下でした。
もちろん未避妊。

入院中お世話するにあって、名前のない野良猫には、適当に名付けます。
その方がお世話しやすいから。
ノーラちゃんは、ノラ猫のノーラ。

長い入院期間中に、みんなノーラちゃんに夢中になりました。
そして先生にお願い。
病院に置いてあげてと。
Oさんの了解も得て、ノーラちゃんは病院スタッフなりました。

初めて会ったその日から今日まで、いろんな意味でノーラちゃん以上の猫は見たことありません。
人間犬猫、全てを受け入れるノーラちゃん。
野良猫時代、きっと辛いことや怖い思いをしてるはずなのに。
その証拠に、ノーラちゃんの片耳には大きな傷跡があります。

ニャーチコ・せつ子・チャトン・せりちゃん・金太郎くんは、ノーラちゃんのおかげで寂しい思いもせず、病院生活に早く慣れてくれました。
ノーラちゃんにいつも助けてもらってるのは、人間かもしれません。

ノーラちゃん、いつもありがとう(╹◡╹)♡

19E96CB2-B567-4AF8-ADB2-D564E85ED75D

63265A0C-78F7-47AF-AB01-C922D48E957D

EC4697E3-5FE7-4297-8EF6-BDA0E38A45A1

51BEAF03-25A1-4D5C-973A-2DEA5248FCC9

エコちゃん。

えっちゃんは瀕死の状態で、病院に運ばれてきました。
ダンボールの中に何かわからない生き物が、それがえっちゃんでした。
よくよく見ると左前足がなく、400gしかありませんでした。

先生のお知り合いが保護されたこともあり、そのまま病院のスタッフに。
こまちはすぐに受け入れてくれましたが、大ちゃんは時間がかかりました。

大人になったえっちゃんは、ホントに気が強い猫に。
だけどそうすることで、ハンデのある自分を守ってる気がします。
こまち亡き後は、他の猫を寄せ付けず、ひとりぼっちになったえっちゃん。
今も他の犬猫を寄せ付けません。
受付後ろにいつもいるえっちゃんは、二階に上がる時は必ず『一緒に行って〜』と言います。

そんなえっちゃんが可愛くて、とてもいとおしいです。
病院ニャンズで、一番最年長のえっちゃん。
えっちゃんが、一番長生きしそうな気がします(*^^*)

2E56A564-7666-4AB4-ADC5-CF89AD670025

3A505332-F763-4055-9C2C-B7C84582CE0CFD4E1A3A-74AB-47C3-ABA4-895E28DFFB747A4DC348-3F61-4829-A2A7-2EB430ADE799AE1ED813-C09E-4A1A-84E4-E76C20E67CE0AF8860AD-7F35-4E6F-B336-3326DC4CBA88

141ADBAD-90FA-4D29-A0F9-58B848527D77

ソフィ。

ソフィはオリーブを迎えて五年後に、病院へやってきました。

次の犬を迎えるのに、どうしてもオリーブの血縁の子がほしくて、ブリーダーさんに産まれたら連絡してほしいとお願いしていました。
半年以上待ったと思います。
忘れた頃に、ブリーダーから連絡が。

子犬は生後二ヶ月たつまで、引き渡しをしてもらえません。
抱っこどころか、触らなせてももらえないのに、何度もブリーダーの所へソフィに会いに行きました。

そんなこんなでやってきた、ソフィ。
性格も見た目も、毛並みもオリーブに似てるところはひとつもありません(笑)←先生に怒られそう
だけど頭の良さはさんにんの中で一番。
色々と、芸をしてくれます。

ものすごく怖がりでビビリのソフィ。
犬友達はオリーブとルビーだけ。
オリーブ亡き後、友達は猫だけ。

今年の初めに、患者様Tさんのイエローラブの赤ちゃんクゥちゃんを、二週間ほど当院で預かりました。
何とソフィ、ちゃんと上手にしつけしながら遊んであげてました!
みんな感動。

そんなソフィも11歳半。
だいぶ顔も真っ白に。
もう少し長生きして下さい(^-^)

F77253C4-B260-40D0-A1B0-39B3651C2389

A4C243B7-B055-463B-B484-FCFF10FFE1B0

66E4D07B-25C6-491B-BFCA-1C055938BEA4

B6F6AD72-427B-466F-AA7D-9025AA0A0207

BBD21236-8DBF-4EF2-94F6-19CDF4EC2305

亡きオリーブ。

オリーブは生後三ヶ月、約8kgで病院にやってきました。
オリーブの性格は天真爛漫、いつも明るく何でも毎日楽しい!って感じのレトリバーそのもの。

ひとり興奮して、壁に穴を開けたことも何度か。
落ち葉を追って突然リードを引っ張り、人間が足指を骨折したことも。
だけど今思い返しても、オリーブはほとんど手がかからなかったような気がします。

後から来たソフィよりいつも下で、オモチャもなんでも取られるし、外で出会う他の犬にもオリーブの位置はいつも下でした。
身体だけ大きく、心はとっても優しい子でした。

オリーブが一番大好きだった場所は琵琶湖。
一度入ったらホント出て来ない!
何時間でも水に入ってました。

可愛くもあり、大変だったのは、わたしをストーカーすること。
たぶん世界中どこを探しても、こんなにわたしを愛してくれたのは、オリーブ以外どこにもいない気がします(笑)。

ルビーが亡くなってから、最後二年間、ひとりっこ生活を楽しんで、14歳半で亡くなりました。

オリーブ、そろそろ新しい仔を迎えても、許してくれますか?

3A419DC7-2F79-4128-8E25-9BF05ADA680D

7BD5254C-F440-46E9-9A2A-BE26A9ECBEEA

1AD8E0BD-1C40-423B-B804-22E55AF71A3B

BF7665B1-C32A-4A9C-92D5-F91F6665953D

BD9AFEED-4593-4BE0-8D66-8F1469215625

8CAC3C72-E961-4423-9B7A-CD08C80E847C

9A663928-DE39-4F55-ADD2-4F26AEF5E722

E10AF17F-2C80-4B44-96C5-947AB71DCBAA

ロッキー!!

みなさんが初めて聞く名前だと思います。
その名もロッキー!
二年ほどしかいなかったのに、強烈なキャラクターでした(笑)

ロッキーはコザクラインコ。
真っ黄色な体にオレンジのほっぺた。

ある日突然、先生がヒナを買ってきました。
その頃幼かった先生の息子さんが名付けたのが、まさかのロッキー!

ロッキーロッキーと、自分でよく喋ってました。
ロッキーは男の子だったのかな?

さし餌をして育てたので、一応手乗りインコ。
初めはこまちも大ちゃんも興味津々でしたが、ダメというとその内諦めてくれました。
大人になったロッキーは、こまちや大ちゃんより強かったです(笑)
朝晩、時間を決めて、院内を自由に飛んでました。
みんなの肩に乗るとこちらはビクビク。
耳たぶや首を噛むから(笑)

粟穂が大好物で、粟穂ばかり食べてすぐ太るので、毎日体重を量ってました。

病院棚上の紙類で、巣作りしたり。

写真は当時の先生の息子さん。

42936474-A39C-450F-AFFB-8E8CB45941C8

D55EE436-93B4-49E1-9E12-0CE6D8A47BBD

亡き大ちゃん。

大ちゃんは、ルビーが来て三ヶ月後に病院へ。
先生のお知り合いの病院からもらってきました。
大ちゃんは、患者様のおうちで生まれた仔らしく、そのまま当院へ来たので、一度も外の土を踏んだことはありません。
とても幸せな猫だと思います。
大ちゃんを初めて見た時、一目で心奪われました。
わたしは今まで、大ちゃんより可愛い仔猫を見たことありません←かなり欲目です(笑)

こまちがとても小さかったので、次の子は大きくなるようにと大ちゃんと名付けました。
そして名前の通り、かなりのおデブちゃんに。

こまちが小さな大ちゃんを受け入れるのに、一週間ほどかかりました。
その後のこまちのお母さん振りはとても立派。
出ないオッパイをあげ、大ちゃんが鳴くとどこからでも駆けつけます。

人が大好きな大ちゃんは、よく待合にも。
待合の水槽上が大好きでした。
そしてかなりのお喋り上手。
いつもニャアニャアと。

大ちゃんは半年ほど闘病して、12歳になる前に亡くなりました。
腫瘍で、最後は可愛い顔も変形して。

今も大ちゃんを思うと涙がでます。
一番胸が苦しい。
今日の更新が一番辛いです。

大ちゃんは、永遠に一番です。

18FBA109-E9A3-45DD-8BA7-0F79226C8B52

3D35CB88-AF82-4344-8F3A-E0EBE5741338

77500A08-8B07-484C-A481-7E0AC2B76B4D

6FEDBAAD-2A63-4AB0-89CE-54E0C3D1DC04

4BDE535D-616B-470B-8EA8-679D58026E89

A4EDA8BD-B71B-4D7F-B498-09C86D2EBF39

7A22E3EE-850D-40B7-9A8D-E4EB391F9D26

亡きルビー。

こまちが病院に来て二週間後に、約一歳♀のゴールデンRのルビーが病院にやって来ました。

先生のお知り合いの病院から、初めは一時預かりの予定で。結局そのまま当院初代わんこスタッフに。

ルビーはなぜか、お座り、待て、お手、全てのコマンドが全くできず、階段すら降りれませんでした。
しかも異所性尿管という生まれつきの異常が。
オシッコまみれで、来た時のルビーの臭いこと(笑)

だけど、レトリバーという犬種にどんどん魅了されていき、ルビー中心の生活に。
本気でルビーは天使じゃないかと、羽があるんじゃないかと思ってました(笑)

琵琶湖や河川敷公園、鴨川やドックランやドックカフェ、どこに行っても人が大好きで、オリーブやソフィを上手にしつけしてくれました。

大病をして、岐阜大にお世話になったことも。
抗癌剤治療も頑張り、癌も克服。

最後はちゃんと介護までさせてくれました。

14年間の犬生、楽しんでくれたかな⁈

5F14E6A6-45F8-4D3B-9FCB-C89C911A70D9

9D1DC68D-4E48-42C9-BBCF-10F252CC59AB

E44C02C5-8C6A-49F3-8766-A6952BB4A1F1

07791946-7F88-44C5-BEF1-FB8AA652309A

亡きこまち。

今日から病院のスタッフになった順に、ひとりづつ紹介していきますね。

病院ができて、十日ほどして生後七ヶ月の三毛猫こまちが当院にやってきました。
こまちは、先生が代診をしていた病院の看護婦さんが、拾われた猫でした。
神経質だったこまちはすごく怒って、二階の押入れからしばらく出てこず。
一週間たったある日に、突然ニャーニャーいいながら下に降りてきたのを覚えてます。

その数ヶ月後に病院に来た、亡き大ちゃんのお母さん代わりをして、ふたりはいつ見ても一緒に。

神経質だったこまちも、年齢を重ねるとともに性格も丸くなっていき、エコちゃんもすぐに受け入れてくれました。

そして最後2年ほど闘病しましたが、17歳4ヶ月で亡くなりました。

こまちはとても幸せな一生だったと思います。
最後まできちんと治療もでき、思い残すことも後悔もなく、私達もきちんと見送れた気がします。

100411EA-99BA-41C2-9DB0-AD47A8D4CFB0

7D8E9527-A8A2-446F-AAFE-252E1FACDA66

8897D591-4FA4-4CD6-8FA3-E4690C5A14CF

C3036653-A58C-4CC8-986B-52DDAD305E42

5B3049E8-99E7-4BF4-ADA3-E3DFF44C1A66

029644AE-5E22-44F9-AC9F-29348A20CDDC

5093B219-DE02-4A4D-AEEC-E22774F494F8

B36877A2-57E5-4A25-A828-AC324871DC0C

E36B7AD3-FBDB-40F2-AFCC-982170E4767A

004C84BA-4B88-445B-94DE-0705B107ACF0

08BF9776-16BE-4D04-9FF0-27AFD9E7279F
08C5EB93-436F-4433-8786-4BEFADA2F7CF

金太郎くんと昨日のみんな。

金太郎くんは久々の男の子だからか、ものすごく大きく感じます。
5101DE94-2FEF-459A-BF93-C5C79CE54D9D

相変わらず受付後ろで爆睡中のエコちゃん。

8360AEA5-F995-4BC4-AE1B-1002522CEE1E

必ず上手に枕を使って寝るノーラちゃん。
CF43F2D6-202B-4A63-9326-804DD7FF3F94

せつ子ちゃん、可愛いでしょう♡♡♡!!!
せつ子は可愛い過ぎるんです♡♡♡
親バカでもいいんです(*^^*)

8638DA84-61FF-4B4E-9557-2AD99D3C3CE2

あまり登場しないニャーチコですが、毎日ちゃんと甘えてきます
756D9235-9572-49C1-9D71-997548D90003

016B95A8-8EC6-4639-8BD6-1F62C1AA62C75B5E1467-55BF-4F54-AF01-4789E7777ADCFBFDA041-9487-4EB4-95A7-5AA80A6935063CB53B4E-79A4-4457-A77A-602E6D1C03F1

1 53 54 55 56 57 67