11月15日。

今日はこまちの命日です。

三年前の今日、亡くなりました。

亡くなる2年半前ぐらいから、様子がおかしくなり、ながーい闘病生活が始まりました。

正直、病院の猫でなければ、こんなに長く生きれなかったかもしれません。

先生もスタッフもほとんど付っきりですから。

突然の多飲多尿、糖尿になり朝晩のインシュリン、謎の食欲不振(約一月食べませんでした)、過度の食欲(どちらかというと食欲の細かったこまち、FOODの袋を破ってまで食べ続けるという・・怖かった)、副腎の病気、痙攣(首が傾き、まっすぐ歩けなくなり・・)、最後は目も見えなくなってました。

それでも17歳半まで、ほんとうによく頑張って生きてくれました。

感謝感謝です。

最後は安楽死しました。

書こうか迷ったけれど・・・多分読んでくださってるほとんどの方が、自分のペット以外、もしくわ
まだお別れを経験したことがない方だと思います。

なので、いろいろな最後を知りたい・知っておきたいのではと思って。

こまちは呼吸が上手にできなくなり、酸素室の中でもかなり辛そうだったので、その選択に後悔はないです。

こまちが、今の病院のニャンズ社会を見たらびっくりするでしょう。

こまちがいたら、エコちゃんを守ってくれただろうし、エコちゃんも心強かっただろうなあと。

大好きなこまちゃん、会いたいです。

こまちゃんの匂いをかぎたいです。

今日のごまい。

1階にてノーラちゃんと金ちゅけ。

生ちゃんの♡♡♡のおちり。←先生撮影、先生のリクエスト(^_-)-☆

ひきこもりお嬢エコちゃん。

実は先月エっちゃんに噛まれました(T_T)

手がパンパンに腫れて、手のシワもなくなり(嬉)、左手だけ女子高生のよう(T_T)

もともと赤ちゃんの時から噛み癖はあって、甘噛みができないえっちゃん。

顎の下なんて、もちろん誰も触れない。

そして噛むタイミングはいつも謎。

理由はあんまりなさそうな(ー_ー)。

でも今回はやっぱりいろいろとあって、イライラしてたのかなあ。

噛まれても、かわいくて仕方ないえっちゃん。

あくまで個人的な意見ですが、仔猫から飼っても大人猫から飼っても、大切さはみんな一緒です。

だけど一緒に過ごした年月が長い子ほど、愛おしさは大きい。

一番古株のエコちゃん、手のかかる子ほどほんと可愛い。

この場所に永遠にいてもらわないと!!

妹宅ユキ&チャトン。

昨日、一年に一回の混合ワクチンと健康診断の血液検査に来院。

ふたりとも、飼い主さんと同じですくすく育って(笑)、体重も増えて健康優良猫でした(*^_^*)。

余談8.

4 ハルちゃん(旧テコちゃん)を拾った時の話は、以前に詳しく書いたので省略。

はるちゃんを保護した時は、月ちゃん保護後まだ半年で、無防備な状態だったのでかなりショックでした(^_^;)

保護したくないという訳ではなくて、家族探しが大変なので・・・。

どんな人でもいいという訳じゃないので、命の重みというか責任が重いです。

当院スタッフに飼われてるハルちゃんは、超ラッキーガールです。

ハルちゃん、かなりやんちゃだそう。

噛み癖やら、布団にオシッコをしたこともあるそうで・・・(^_^;)

うちのスタッフが飼い主でよかった(笑) 

↓↓金ちゃんとノーラちゃん。
金ちゃんは(みんなですが)ノーラちゃんが大好き(*^_^*)

あんまり見てるとこわ~い顔に・・もう見ません。

今日のさんまい♡♡♡。

階段下にいると、視線を感じて・・・振り返るとせつ子ちゃん♡♡♡

この場所にいるのは、だいたいノーラちゃんか金ちゃんなので、せつ子ちゃんでびっくり!!

右のかたまりは、いつものようにエコちゃん。

左のかたまりは・・・せつ子ちゃん♡♡♡

この冬初、椅子に乗ってきました。

下にはホットカーペットがあって、あったかいのを思いだしたのかな?

タオルについて⇒受付後ろの場所なので、不特定多数の人の声がします。なのでタオルをかぶっていると、自分は透明人間(猫?)になってるつもりらしくて安心するようです***

余談7-2.

続きです。

どうしたものかと、取りあえず先に帰宅した先生に電話して、ボランティアの方にも電話しました。

みんなの到着を待ってる間に、どうしようかと思って、取りあえずキャリーを取りに、走って病院へいったん戻りました(その頃はまだ捕獲器を持ってませんでした)。

目の前はそれなりに車も通る道だし、ひとりで何かして飛びだしたらこまるしと考えて、また再びご飯を取りに病院へ。

要領が悪いというか、てんばっててどうしていいかわからず(^_^;)

少しご飯を隙間に入れるとすごい勢いでがっついて食べたので、あわてて取り上げてキャリーの中にいれました。

そこに先生到着。

よほどお腹空いてたのか、わりとすんなり入ってくれて、扉を閉めて捕獲成功。

小学生の子供には、先生が「ちゃんとこちらで家族探すから」と言ってくれました。

そこにボランティアの方も、別の現場からかけつけて下さいました。

月ちゃんは、思ってたよりも大きくて、1.3kgもある真っ黒な男の子でした。

しかも怒る怒る(^_^;)(^_^;)(^_^;)

とにかく食欲だけはすごかったので、ご飯を使って慣らそうかと。

次の日は休診日でよかったのですが、一食分食べ終わるのに三時間かかりました。

なんせ一粒づつあげて慣らしていったので(^_^;)。

三時間後にはなんとか膝上で食べてくれました。

触ったら怒るけど(^_^;)。

三日後には、ほぼ人慣れ完璧かな?って感じに。

そしてボランティアさんのお手伝いで、家族が決まり当院を卒業していきました。

月ちゃんは、そこそこ大きくなってたし、しばらく病院にいたこともあって、お別れはすごくすごく寂しかったです(T_T)。

現在は1歳を超え、一人っ子でとても大切にされてます。

追記:カルテを見てびっくり!!

当院から卒業したのは、昨年の今日でした!! 

↓↓今日おろしたての、新しいベッドで寝るソフィ。

今日のさんまい。

7年振りに、このテーブルにさんにんが揃いました。

メンバーは違いますが。

大ちゃん、こまち、エコちゃんが昔のメンバー。(恐らく、エコちゃんが一番幸せだった時代(T_T))

今日のメンバーは金ちゃん、ノーラちゃん、生ちゃん。

タオルにくるまれてるのが、金ちゅけ。

珍しく、生ちゃんが金ちゃんと一緒に寝てます。

金ちゅけの顔が見えたら多分ダメです・・・。

余談7-1.

今日は 3 月ちゃんを保護した時の話。

去年保護した時に少しサラッと書きましたが、今日は詳しく。

うめちゃんを保護してから3年以上たってたので、そろそろまた仔猫を拾うんじゃないかと、ドキドキヒヤヒヤしてました。

なので月ちゃんを保護した時は、あ~やっぱりという気持ちと、とうとう来たかというのと、ホッとした気持ちと(まさかその半年後にまた拾うとは知らず(^_^;))。

仕事後9時ぐらい、当院から少しだけ離れた駐車場まで歩いていたら、大きな大きな鳴き声が聞こえてきました。

声からして、1kg前後の子猫の声かなあって感じです。

車の下やら、その辺りの家を除くも姿がありません。

しばらく探してみたけれど、声はいつのまにか鳴きやんでました。

あきらめて車に乗り、駐車場から出て数メートル走ったらやっぱり声が聞こえた気がして、あわてて停めて車から降りました。

そしたら、そこに小学生ぐらいの男の子がひとり立ってたので、「猫の声しーひん?」って聞いたら、「ここの下にいる」と。

しゃがんで見てみると、目だけが光ってました。

手も入らないような物置の下みたいなところに。

その男の子は、塾の帰りに見つけたそうで、何かお弁当の残り?みたいなのをあげたそうです。

「食べた?」って聞くとその時は出てきて食べたと。

長くなりそうなので、続きはまた明日(^o^)

↓↓今日は幸せそうな生ちゃん(*^_^*)

今日のごまい。

生ちゃんと金ちゅけ。

金ちゃんも入りたい・・・。

せつ子ちゃん♡♡♡

凛々しいにゃーちこ。

一番心優しいちゃーちこ。

ほんとはもっと可愛いのに・・。

可愛く撮るのが難しい…キジ柄。

みんな大好きノーラちゃん。

「かわいいね~」という言葉が大好き。

側にひとが立ってるだけで、ずっとゴロゴロ言ってます。

余談6.

今日は 2 うめちゃんを拾った時の話。

1 ゆうじろう君を保護して約3年後、午後九時過ぎに当院からの帰宅途中に保護しました。

まだ当院近くの「スーパーまつもと」もコンビニも無く、畑だった頃の話です。

ガソリンスタンドは当時からありました。

 

車で走ってると、そのガソリンスタンド前あたりの中央分離帯(多分今はもうありません)に沿って、仔猫が歩いてるんです(T_T)(T_T)

 

車を停めて保護しようとした時、もしわたしから逃げようとすれば、反対車線に飛び出ればひかれます。

 

なんせ、道路のど真ん中に居るんです。

 

後続の車もあったので、それにひかれる可能性もあります。

 

いろんな最悪な考えが頭をよぎったのは、時間にすればたぶん一瞬だったと思います。

 

いそいでハザードを出して、急ブレーキ。

 

後ろのお車、ごめんなさい(>_<)

 

とにかく仔猫の首根っこを持って、助手席の足元へ置いて、すぐ車を動かしました。

 

反対車線に逃げなくて良かった・・・。

 

とにかくすごいノミで、かなりガリガリでした。

 

今カルテを見たら320gでした。

 

「ちまちゃん」と仮名付けて育ててましたが、わりとすぐに家族が見つかりました。

 

しかも当院スタッフのお友達が迎え入れてくれたので、嬉しすぎて(^o^)。

そして新しい名前はうめちゃんに。

今でもうめちゃんばなしをスタッフづてに聞けて嬉しいです。

赤ちゃんの時は、小さな体で玄関から二階に革靴を運んだりしたそうです。

そして6歳になった今も、毎日一緒に寝てるそうです(*^_^*)

 

 

↓↓実は生ちゃんの左横のタオル下には金ちゃんが。

生ちゃんはノーラちゃんだと思ってるんです。

金ちゃんと気づけば追い出します(^_^;)

1 2 3 24