昔話3

むかしばなし3

スズメを拾った、ツバメのひなが落ちたなど昔は良くありました。

残念ながら野鳥のヒナを育てるのは難しく、スクスクと育ってくれた時はとても嬉しかったです。

大事に大事に育てて、お外に放してあげる時は、寂しいのと嬉しい気持ちとで胸がいっぱいでした。

10年以上前のある日、毎朝の日課でスズメの小屋の掃除をしてました。

そろそろ外にに放してあげれるまでに育ってるスズメちゃん。

亡き大ちゃんが側で見てたけど、今まで何度も見てたし悪さもしたことなかったし、以前コザクラインコのロッキーとも一緒に生活してたし、そんなに気にもとめてませんでした。

掃除が終わってその場を離れて数分後にガシャン!!と大きな音がしました。

大ちゃんが割と大きな鳥かごを、籠ごと棚から落したんです。

スズメちゃんは結果亡くなってしまいました( T_T)。

運悪く、水浴びように入れていた、重い陶器の入れ物と籠に挟まれて。

人間の不注意です。
大ちゃんは悪くありません。
今でも悪いことしたなあと、胸が痛みます。

一昨年はスズメの雛を2羽保護し、すでにその保護場所では2羽亡くなってました。
巣ごと落ちたのか、何があったのか。
保護した2羽も小さすぎて育ちませんでした。

最近巣立ったばかりのスズメちゃんを良く見かけます。
みんな元気に巣立ってよかったなあ、と思って見てます。

↓↓ニャーチコの貴重な写真!!

ニャーチコが初めて!

お外生活が長かったニャーチコは、猫じゃらしで遊びません。

昔は猫じゃらしを怖がってました。

今は怖がるこはないけれど遊ばない。

おもちゃや猫じゃらしに全く興味がない感じ。

そのニャンーチコが初めて遊んでくれたのが、以前にも載せた繭玉猫じゃらし!

(ウサギの毛や鳥羽を使用したおもちゃは購入しません。繭玉なら良いだろいうと、妹がニャンズにプレゼントしてくれた物。)

壊されないよう、お遊戯時間後は手が届かない場所へお片づけしてます。

奥の方で、小さく写る金太郎くんわかりますか?

みんなで遊んでる時は、ちゃんとみんなと同じテンションで参加してます(=^x^=)

一枚目には写ってるのに、消えたノーラちゃん。

実はピンクのトンネル中でスタンバイしています(╹◡╹)

金太郎くん特集。

まだまだ開拓中な金太郎くん。

すっかり金太郎くんに夢中です♬♬

うまく説明できないけど、金太郎くんは少し不思議な猫です。

掃除機や大きな音、雷、知らない人にあまり動じない。

驚いたことがないというか、かなりドシッと落ち着いてます。

フラットな感じ。

ニャンズ同士の空気もちゃんと読めます。

まだまだ金太郎くんとの距離は近くなれそうです♪♪

今日のごまい。

♡♡せつ子ちゃん、ベランダのタワー最上にのれてご満悦←のせてあげた(^^;)

ニャーチコ、寛ぎちゅう。

キジキジ姉弟。

ニャーチコと金太郎くん。

おなじみノーラちゃん。

エコちゃんの写真もと思っても、毎日同じ場所にずっといるので、同じ様な写真しかなくて(^^;)

エコちゃんはベランダにもめったに行かないけれど、ニャンズの中でも、わたし達の側にいる時間が一番長いので、毎日幸せに暮らしてます(=^x^=)

昔話2

むかしばなし2.

当院の三階は屋上ベランダになっており、ニャンズは自由に出入りしてました。
金太郎くんがスタッフになってから、現在三階は猫禁止です。

むかしニャンズが、初代のふたりだけだった頃。
こまち&大ちゃんだけだった頃。

5分ほど目を離したすきに、リビングにスズメがちょこんと置いてありました。
そんなことがあと一回ほどありました。
まさかこまちが狩りをできると思わず(かなりおデブな大ちゃんには絶対無理)、しかもそんな短時間では絶対無理だろうと思ってました。
きっと三階か二階ベランダで、お亡くなりにになってるのを運んできたのかなぁと。
その頃はそんなふうに思ってました。

大ちゃんも亡くなって何年かして、お外でお世話していたニャーチコを院内に入れました。
院内フリーにして、2~3日後だったと思います。
ニャーチコが自分の部屋にスズメを運び、ぼりぼりと全部食べてたのです。
羽が舞い散って悲鳴ものです( T_T)
先生が片づけてくれました。

この時初めて、<やっぱりコマチも捕ってたんだ!!>と確信しました。

ニャーチコの狩りはそれ一度きりだったので、不安とイライラと戦ってたのかなあと今になって思います。

翌日ウンチに、すずめさんの足が見えたときは泣きそうでしたが( T_T)( T_T)( T_T)(^^;)

大ちゃんのスズメ事件はまた後日。

↓↓相変わらずな金太郎くん。
このダンボールはエコちゃんの踏み台なので、持ち上げて下からしか入れません。
どうやって入ったのかな?!

1 2 3 23